ぐりおブログ

デザインについて知りたい人のためのデザイナー歴20年アラフィフママのブログ

ダサいチラシをかっこよく10 初心者でも作れるロゴデザイン

10_初心者でも作れるロゴデザイン ダサいチラシをかっこよく

更新日:

この記事は約 6 分で読めます。

 

ぐりお
今回はロゴデザイン(タイトルデザイン)の方法を見ていくよ
ぐりお
初心者でも簡単にできるワザだよ

 

簡単にロゴっぽくするワザ

 

完全なロゴをイチからデザインするのは上級者向けです。

しかし初心者でも既存のフォントを使い、少しの工夫でロゴっぽく見せることができます。

心掛けるポイントは以下の2点。

 

・リズム感を持って文字を配置する

・遊び心を持つ

 

そんくん
えっ?そんだけ?

 

スポンサーリンク

誰でも簡単!無料フォーム作成ツール【formrun】

文字をばらばらに分解して配置

 

文字の大きさを変えてリズム感を出す

 

ロゴの作り方1

まずは、文字を打って、イメージにあったフォントを選びます。

「てにほはがに」などの接続詞は小さくするといいですね。

 

一文字目の漢字は大きくしてみます。

縦横比を少し変えて、リズミカルに配置しましょう。

↑のフォントは、遊明朝 です。

 

ぐりお
ジグザグに配置すると簡単にロゴっぽくなるよ

 

この例では字間を狭くして、緊迫感を出しています。

 

 

リズム感を持って文字を配置

 

ロゴの作り方1

 

縦書きの場合も、ジグザグに配置してみましょう。

角度を少しずつ変えるのもいいですね。

重要なのはリズム感と遊び心です。

↑のフォントは、ヒラギノ角ゴシックPROです。

 

ぐりお
もちろんちゃんと読めるのが大前提、やりすぎないようにね。
ぐりお
これだけでもかなりロゴっぽくなるけど、さらにひと手間加えたのが↓の中級ワザだよ

 

 

オリジナルスマホケースがつくれるマイカバ!

 

 

ロゴデザインの中級わざ

 

文字の一部を伸ばす & 文字の一部を絵にする

 

文字の一部を伸ばしたり、部分的に図形に置き換えてみます。

 

ロゴの作り方3

はじめからロゴっぽくデザインされたフォントを使うと簡単です。

 

ぐりお
色はこの段階では、あってもなくてもいいよ

この例では字間を狭く、文字を重ねて、ごちゃごちゃした雰囲気を出しています。

全体を囲むイメージで、線を丸く伸ばしています。

↑のフォントは、id-カナ012と、Gift です。

 

スポンサーリンク

 

ロゴの作り方3

↑この例も、文字を伸ばしたように線をひいています。

よく見かけるワザですね。

字がつながったフォントを使うと効果的です。

↑のフォントは あやせです。

花やハートを周りに散らしてかわいい雰囲気にします。

 

 

ぐりお
そんくんのチラシのロゴも作ったよ
そんくん
うひょー

 

ロゴの作り方4

 

そんくん
絵があると楽しげやな!
ぐりお
そうこれが「遊び心」だよw

 

この例では字間を広めにして、のんびりした雰囲気を出しています。

↑のフォントは 源柔ゴシックです。

 

イラストはいつもの

商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ないシルエット素材サイト「シルエットAC」

からダウンロードしました。

 

 

 

ロゴデザインの参考になる本

 

ロゴデザインの参考になる本のおすすめはこれです。

とても楽しそうに作っていて、見ていてわくわくしますよ。

 

わくわくロゴワーク

 



スポンサーリンク

 

初心者でも作れるロゴデザイン まとめ

 

今回はロゴっぽく作るワザを見てきました。

プロの作るロゴ(タイトル)は、何案ものラフデザインからはじまって、長い工程を踏んで作ります。

でも初心者ノンデザイナーでも、このワザなら技術的に簡単にロゴっぽく作れますよ。

あなたもオリジナルロゴデザインに挑戦してみませんか?

 

フリーフォントはこのサイトなどで探すと簡単ですよ。↓

※商用に使う場合は、「商用可」を選びましょう。

 

 

ダサいチラシをかっこよく!記事一覧へ戻る

 

次回は、小見出しのデザインをやって行きます。

小見出しで分かるデザインの原則 ダサいチラシをかっこよく

小見出し
ダサいチラシをかっこよく11 小見出しのデザイン
11_小見出しで分かるデザインの原則 ダサいチラシをかっこよく

続きを見る

 

 

リンク広告01

-ダサいチラシをかっこよく
-

Copyright© ぐりおブログ , 2019 All Rights Reserved.