ぐりおブログ

デザインについて知りたい人のためのデザイナー歴20年アラフィフママのブログ

AffinityDesignerでのエクスポート(書き出し)方法

解説!AffinityDesignerでのエクスポート(書き出し)方法 2種類

更新日:

この記事は約 7 分で読めます。

 

AffinityDesignerはとても使いやすい神ツールですが、ちょっと初心者は迷いそうだな~と思うところがあったので記事にします。

 

そんくん
あんたが迷ったんやろ?
ぐりお
…ま、まあね

 

スポンサーリンク

AffinityDesigner の画像書き出し方法 2つ

 

AffinityDesignerには、画像の各種書き出し(エクスポート)機能があります。

書き出しとは、いろいろな種類の画像(png jpg gif tiff psd swg など)の画像に変換して保存することです。

ただ、通常の書き出し(描画ペルソナ、ピクセルペルソナ)と、書き出しペルソナでの書き出し方法が違います。

ここが分かりづらいので解説しますね。

 

 

描画ペルソナ、ピクセルペルソナでの書き出し手順

 

ピクセルペルソナ 描画ペルソナは、illustrator的機能のモードです。

ピクセルペルソナ ピクセルペルソナは、Photoshop的機能のモードです。

この2つのペルソナでは、書き出し方法は同じです。

 

ファイル>エクスポート ボタンを押します。

 

「エクスポートの設定」ウィンドウが開きます。

ここで各種ファイル形式を選びます。

png、jpeg、gif、tiff、psd、pdf、svg、wmf、eps など、選んで書き出しできます。

そんくん
いっぱいファイル形式があるなあ

 

 

全文書(ウィンドウ全部)の書き出し方法

 

何も選択せず、書き出したいレイヤーを表示した状態にします。

そして エクスポートボタンを押します。

文書全体がエクスポートされます。

 

 

 

 

選択した部分のみの書き出し方法(背景透明)

 

ぐりお
選択した部分だけの画像を書き出すこともできるよ
ぐりお
これはとっても便利

 

パーツを選択した状態にします。

そして エクスポートボタンを押します。

 

領域を 背景なしの選択 にします。

サイズが小さくなったのを確認しましょう。

すると、選択した部分だけが書き出されます。

 

 

この場合、pngなど背景が透明に設定できる形式では透明になります。

Jpgなど透明にできない形式では、背景は白になります。

↑上の画像は、背景が透明のpng画像です。

 

 

↑上はJpgの例です。

品質を選んでエクスポートできて便利ですね。

 

上は、低品質で書き出したjpg画像です。

背景は白になっています。

 

この書き出しは、複数選択にも対応しています。

※たまにバグって全文書範囲になってしまうこともあります。

その場合はラスタライズして1枚の画像にして書き出しましょう。

 

 

ちなみに、文書より大きいサイズのパーツの場合、文書部分以外は白になってしまいます。

文書より大きいパーツは、基本的に書き出しできないと考えましょう。

 

 

スポンサーリンク

書き出しペルソナの書き出し手順

 

書き出しペルソナ 書き出しペルソナは、Photoshopの「Web及びデバイス用に保存」モードに似たモードです。

書き出しペルソナでは、スライスツール スライスツール があり、画面の好きな部分を切り取ることができます。

これは、描画ペルソナや、ピクセルペルソナの切り取りツール 書き出しツール とは違って、表示レイヤー全部を切り取りできます。

 

切り取りツールで書き出したい部分だけを切り取れます。

 

↑上が切り取りツールで切り取った部分です。

 

切り取った部分を、各種形式で書き出しできます。

スライスを作ってから、レイヤーの横のスライスパネルを見ます。

 

スライスをチェックして、一番左側にある▼ボタンをクリックすると、詳細が開きます。

 

 

色々なファイル形式で書き出しできます。

 

↑上が、書き出しペルソナで書き出し出来る形式です。

 

書き出し方法も、描画ペルソナや、ピクセルペルソナのエクスポートよりも、細かく設定できます。

選択したスライスを、2倍、3倍といった大きなサイズでの書き出しも1回でできます。↓

 

 

複数のサイズの画像を一度に書き出しできて便利ですね。

ぐりお
アイコンを作る時にべんりだね

 

スライスの欠点

 

このスライスはとても便利なのですが、欠点があります。

複数スライスを作った時に、どれがどのスライスなのか分からなくなることです。

スライスパネルからスライスを選択できないためです。

ここはアップグレードしてほしいですね。

 

 

スポンサーリンク




イラストオーダーサービス【SKIMA】コミッション

AffinityDesignerの書き出し方法 まとめ

 

AffinityDesignerの書き出し方法を見てきました。

最初はとまどう部分ですが、慣れるととても使いやすいです。

参考にしてみてください。

 

 

こちらの記事もどうぞ

 

リンク広告01

-AffinityDesigner, デザイン
-,

Copyright© ぐりおブログ , 2019 All Rights Reserved.