ぐりおブログ

デザインについて知りたい人のためのデザイナー歴20年アラフィフママのブログ

AffinityDesigner レビュー

高機能!Affinity Designerをおすすめする10の理由

更新日:

この記事は約 17 分で読めます。

ぐりお
今回はおススメのツールを紹介するよ!
そんくん
初心者にも使えるんやろか?
ぐりお
チラシだろうが何でもできるし、これからはじめるのにもおススメ!

 

Affinity Designer(アフィニティデザイナー)はノンデザイナーにこそおすすめ!

 

さて、これまでデザインのコツを色々見てきましたが、ツールもないのにできないよ…とお思いではなかったですか?

実はどのツールがいいか、いくつか試していました。

しかしどうも実務レベルで使うには無理があるものが多く、なかなか紹介できなかったのです。

 

私はAdobePhotoshopやIllustratorを20年以上使っています。

どちらも月額数万円以上するデザイナー御用達、高額高機能ツールです。

全部とは言わなくても、PhotoshopやIllustratorに近い機能がないものは実用にはもの足りない…と探しました。

そんな私がおすすめする素晴らしいツールはこちらです!

 

 

Affinity Designer(アフィニティデザイナー)です。

※以下は、AffinityDesigner デスクトップ版に関する記事です。ipod用ではありませんのでご注意ください。

 

 

 

スポンサーリンク

TechAcademyの無料体験

 

 

Affinity Designerをおすすめする理由10

 

そんくん
高機能のソフトなんて、シロウトの手におえんのやないか?
ぐりお
ところがこのソフト、とっても直観的で使いやすいんだな~

 

Photoshop、Illustraterに遜色のない高機能

 

高額なプロツールとして定番中の定番、Adobe PhotoshopやIllustraterに遜色のない機能を持っています。

もちろんいくつかできないこともありますが、月額数万円~の高額なソフトに匹敵する機能です。

当然プロツールとしての機能は十分です。

 

しかもAffinity Designerひとつで、二つのソフトのいいとこどりの部分も多いです。

部分的にはAdobe以上に使いやすいところもあります。

 

1 直観的で分かりやすいインターフェース

 

 

シームレスな図形と描画

 

AffinityDesignerには、ペルソナといって、モードが3つあります。

これが左上にあるボタンひとつで切り替えられます。

AffinityDesigner3つのペルソナ
描画ペルソナ  描画ペルソナ図形や文字などベクター描画をするモードIllustrator 的な機能
ピクセルペルソナ  ピクセルペルソナブラシなどビットマップでお絵かきしたり色調整するモードPhotoshop 的な機能
書き出しペルソナ  書き出しペルソナ画面を切り抜きをして書き出すモードPhotoshopの Web及びデバイス用に保存 的な機能

 

この、描画とピクセルは、いわばIllustraterとPhotoshopのように全く違うものなのですが、これがシームレスにつながっています。

※これはベクター画像とビットマップ画像(ラスター画像)といって、そもそも全く違う性質の画像なのです。

同じ画像でシームレスでストレスなく行ったり来たり出来るのは驚きですし、どちらの長所も生かして使えます。

 

 

良く使う機能は表に出ていて、またかゆいところに手が届く機能もたくさんあります。

AffinityDesignerを使ってからPhotoshopを使うと、あれ、使いづらいな…と思うことも多いです。

 

特に私が使いやすかった機能は以下の通りです。

 

 

 

2 Photoshop、Illustraterのデータも開ける

 

Photoshop、Illustraterのデータも開けますし、色々な画像形式でエクスポート(書き出し)できます。

AffinityDesigner エクスポート

 

背景なしの選択にすると、透明部分以外だけを書き出しもできて便利です。

ファイルサイズによって、品質を上げたり下げたりできるのも分かりやすいですね。

また、書き出しペルソナでは、カットした部分だけを書き出すことができます。

 

さらに、よく使うショートカットがPhotoshopと同じです。

仕事でAdobeを使い、家ではAffinityDesignerを使う場合でも、あまり違和感なく操作できますね。

 

 

 

3 作品をシェアできる

 

作った作品をフォーラムでシェアできます。

なんとプロが作った作品をダウンロードしてつぶさに観察もできます。

AffinityDesignerでは、illustratorのように、好きな設定をしたスタイルを保存しておけます。

驚いたことに、プロが作ったスタイルをそのままコピーして持ってこれます。

色など変えて、自分のスタイルとして保存でき、いつでも使うことができます。

ぐりお
いや~勉強になるわ

 

 

 

4 図形ツールは後からでも自由に形を変えられる

 

角丸、図形ツールはIllustrater以上に使いやすいです。
図形の数がIllustraterよりたくさんあります。

図形の種類

AffinityDesigner シンボル

矢印、星、クラウド、歯車、ハート、などなどたくさんの図形ツールがありますが、どれも後から変形できます。

編集のやり方がとても使いやすいので、GIF動画を貼りますね。

歯車、ポリゴン
歯車、ポリゴン

角丸四角
角丸四角

 

二十星形
二重星形

三日月、矢印
三日月、矢印

吹き出し、扇形 吹き出し、扇形

ハート、台形
ハート、台形

赤いポイントをドラッグすると、矢印の角度、向き、太さなどを自由に変えられます。

外側の拡大縮小ツールで引っ張っても、矢の部分は変形せず、棒だけが伸びます。

星やクラウドは、でっぱりの数や深さの数値なども変えられます。

角丸四角は、角丸部分の比率は一対一のまま、四角全体のサイズだけが変えられます。

扇形、ドーナツは、数値入力でグラフも作ることができます。

 

ぐりお
後からでも図形の形を変えられるのがとても便利!

 

 

5 レイヤーエフェクトが使いやすい

 

Photoshopにもレイヤー効果という同じような機能があります。

ただAffinityDesignerのレイヤーエフェクトは、Photoshop以上に使いやすいです。

理由は、良く使うものだけが厳選して出ているからです。

 

AffinityDesigner レイヤーエフェクト

 

・すぐ使えるように、レイヤーのタブ切り替えで開きます。

・機能は、 ぼかし、シャドウ、光彩、アウトライン、ベベル、カラー グラデーションなどです。

これだけあれば、ほとんどの場合こと足りるでしょう。

 

ぐりお
よくつかう機能は表に出てるんだよ

 

激安インク販売の【インクナビ】送料無料。

 

 

6 グラデーションにノイズをのせられる

 

私が普段使っている、PhotoshopCS5にはない機能です。

地味ですが、私はとても気に入りました。
これで絵画のような質感を持ったイラストが、簡単に図形で描けますね。

(※TOP画像もAffinityDesignerで描かれたイラストです。)

 

AffinityDesigner グラデーション

 

レイヤーエフェクトのグラデーションオーバーレイの、カラーをクリックすると出てきます。

一番下でノイズを乗せられます。

 

ぐりお
これだけで無機質な図形が絵画っぽくなるよ

 

7 グリッドやスナップなど位置合わせがとても便利

 

グリッドの設定がとても細かくできます。

AffinityDesigner グリッド

 

標準の縦横格子の他に、等角投影、斜方投影など斜めのグリッドも引けます。

立体的なアイコンなどを描く時にとても便利そうですね。

 

また、自動のスナップで、どのオブジェクトにも位置合わせしてくれます。

どんなオブジェクトにも、はしや中央でスナップが利いて、ほぼ自動で合わせられます。

すごく便利です。

 

 

8 iOS10に対応したアセットが入っている

 

mac対応のツールやWEBデザインが簡単にできる図形がもともと入っています。

実際には使わないかも知れませんが、プロ向けツールだというのが十分分かりますね~

 

 

AffinityDesigner アセット

 

フォトブック

9 お絵かき機能が充実している

豊富なブラシ

もちろんお絵かきに必要な、ブラシ、スプレー、塗りつぶし、選択範囲、マスク、消しゴム、焼きこみ、覆い焼き、ゆびぼかし、などなど豊富にそろっています。

 

AffinityDesigner ブラシ、マスク

 

特に驚くのは、消しゴムで消した範囲を移動できることです(マスク)

上の図の中央右上の消しゴムで白くなっている部分は移動、回転、拡大縮小でき、どの部分も消すことができます。

 

 

10 買い切り!破格の安さ 6000円

 

これだけのプロ向けツールが、なんとたったの6000円です。

どう考えても一桁安いですし、月額ではなく、一回の買い切りです。

つまり一度買ったら、何年でも使えるということです。

 

私は運よくセール中に買えたので、なんと4200円でした!

ぐりお
安すぎてびっくりした!

 

スポンサーリンク


 

AffinityDesignerのイマイチなところ

 

ほとんど大満足の神ツールですが、弱点も多少あります。

 

縦書きができない

 

もともと日本で開発されたツールではなく、文字の縦書きができません。
これはかなり致命的な弱点ではありますが、裏技を使えば縦書きもできます。
縦書きの方法は下の記事を見てください。

たてがき
AffinityDesigner 縦書き
Affinity Designerで縦書きをするやり方

続きを見る

 

英字フォントも日本語フォントもごちゃまぜで、ABC順に並ぶ

 

これまた日本で作られたツールでないので仕方がないですが、混在しているのは使いづらいですね。

ただ、フォローする機能がついています。

良く使うフォントにはハートマークでチェックすることができます。

チェックしたフォントを「お気に入り」で呼び出すことができます。

また、「最近使用したもの」だけを呼び出せます。

これらを使って、使いやすく並び替えることができますね。

 

AffinityDesigner フォント並び順

 

 

 

遠近感を持った変形ができない → 追記 斜めなら出来ることが判明!

 

phoshopやillustratorにはある便利機能ですが、これが残念ながらできません。

しかしバージョンアップで、いつか実装されるのではないかと期待しています。

 

※AffinityDesignerは一度購入すれば、無料でバージョンアップできます。

バージョンアップのお知らせが来ます。

 

追記

遠近感ではないですが、ななめの平行四辺形になら変形できることが判明しました!

私が気づかなかっただけでした。

すみません…

 

斜めに変形

GIF動画のように、選択すると現れる中心の丸い点をドラッグして 左右の横向き矢印が表示されると変形できます。

 

 

カラー変更、レタッチ機能などは弱い → 追記 普通に使える

 

Photoshopのように色を変更する機能は弱いです。

これは、Photoshopの代用として評判のソフト、Affinity Photoに譲っていると思われます。

次は Affinity Photoを買いたいですね。

追記

使えるカラー変更機能はこんなにあります。

 

AffinityDesigner 色調整

 

なんだかアップデートで増えたような気がします。

これだけあれば、あまり困ることはないでしょう。

 

 

 

 

バグが多い →追記 バグが減りました

 

まだまだ新しいツールなので、バグがちょこちょこ起きることがあります。

たいてい再起動で治りますが、どうしても困ったらフォーラムに相談するといいでしょう。

↑9/20追記 アップデート以降、ソフトが固まることはほとんどなくなりました。

 

現状私の確認しているバグは、フォントの太さを変える際、フォントによっては別フォントになっていたり、太字にできなかったりするような…

※これはバグではなく仕様かも。

 

トリムマーク(トンボ)は西洋式のみ

 

トンボは日本式が未対応です。

西洋式でしたら、エクスポートのPDF、その他 ボタンを押すと、☑項目があり書き出せます。

↓こちらのサイトにやり方が書いてあります。

Affinity Designerの使い方 – トンボ付きPDFファイルの出し方

 

しかし西洋式に未対応の印刷屋さんも多いです。

illustratorで日本式トンボを作り、AffinityDesignerで開く方法もあります。

印刷屋さんのトンボ付きテンプレートをダウンロードして、そのまま使うのも簡単です。

ここはアップデートで対応してほしいですね。

 

 

 

格安イラスト制作ならEagleGraohics(イーグルグラフィクス)

AffinityDesignerをおすすめする理由 まとめ

 

デザインツールとしても、お絵かきツールとしても使える

 

今回は神ツール、AffinityDesignerを紹介しました。

本当に便利なツールですので、専業ではないけど、お絵かきやチラシ作りをしたいというあなたにぴったりです。

買い切りなので固定費がかかりませんし、デザイン専門ではない会社で使うにもいいですね。

月額のAdobeを高いとお思いのあなた、いかがですか?

 

個人的には、お絵かきがとてもしやすいIllustrater、図形などがとても書きやすいPhotoshopという感じで、2つのソフトのいいとこどりだと思いました。

使っていてとても楽しいツールです。

 

 

ぐりお
私もこれで脱アドビしちゃいそう…
そんくん
アドビを24年も使ってるあんたが、まさか…(;'∀')

 


9月の追記で、ほとんど欠点もなくなってしまいました。

これは本気でアドビより使いやすい…(;'∀')


スポンサーリンク

筆ぐるめストア

 

こちらの記事もどうぞ

書き出し
AffinityDesignerでのエクスポート(書き出し)方法
解説!AffinityDesignerでのエクスポート(書き出し)方法 2種類

続きを見る

 

リンク広告01

-AffinityDesigner, デザイン
-,

Copyright© ぐりおブログ , 2019 All Rights Reserved.